男性にも贈れるプリザーブドフラワーもある

プリザーブドフラワーというとなんだか女性のイメージが強いですが、最近では男性へギフトで贈れるものもあるみたいですよ。
派手なものではなくてシンプルなもので、上品な雰囲気の商品が多いのが特徴です。
白いバラとか紺色の入れ物に入っているとか、まさに大人の雰囲気。
男性がもらっても嬉しいような商品になっているので、すごくおすすめです。
誕生日とか父の日などに贈るのもいいでしょう。


男性から女性にプリザーブドフラワーを

逆に、男性から女性にプリザーブドフラワーを贈る人もいるのだそうです。
女性の利用客の方が多いのかと思いきや、男性の利用客も多くなってきているみたいですね。
どんなときにギフトで贈っているのかと言いますと、誕生日や特別な日に贈っているみたいです。
日本の男性はシャイな人が多いのであまり利用していないのではないかと思っていましたが、実はそんな事は無くプリザーブドフラワーを贈っている人が増えているようです。
そう思うとなんだか不思議と言うか、嬉しいですよね。


評判や口コミについて調べよう

プリザーブドフラワーにも色々ありますから、情報を集めるのがいいですよ。
このお店ではこのようなお花を取り扱っていますよ、という情報などがありますから、最初にどのお店にはどのお花があるのか把握するのが良いでしょう。
購入してしまった後に、やっぱりこっちにすればよかった!なんていう事の無いように、情報収集を。
色々なお店で扱っているプリザーブドフラワーを比較しながら、好きなものを見つけましょう。

プリザーブドフラワーは新しい造花の定番

パリで1991年に生まれたプリザーブドフラワーはまだまだ歴史は浅いです。
ドライフラワーと違い、瑞々しい姿を長く保つことのできるプリザーブドフラワーは、フランスを中心に世界へ広まっていき、生花とは違う魅力で新しいギフトやブーケの定番として広まりました。
プリザーブドは「保存」という意味。長くきれいな姿を見せてくれるプリザーブドフラワーをぜひギフトなどで用いてみませんか。


‐プリザーブドフラワーがギフトに最適なわけ‐

プリザーブドフラワーの魅力はなんといっても長くその瑞々しい姿を保ってくれるという点です。その特性を活かせば、たとえば誕生日、結婚記念日などでギフトに贈れば一生に一度の機会の思い出を長く保つことができますよね。
どこかお部屋に飾っておけば、花を見ればその日のことを思い出すことができますよね。


‐手作りも可能‐

少し手間はかかりますが、手作りでプリザーブドフラワーを作ることもできます。
専用の器具や液を準備する必要はあるものの、自分で作ったものを贈ることができれば気持ちがこもって、相手にも喜ばれるのではないでしょうか。
全国に作り方の教室もありますから、もし本格的にはじめたいと思っておられるなら探してみても良いかもしれません。

プリザーブドフラワーの長所

一般的に浸透しているプリザーブドフラワーですが、その特徴のため生花にはない多くの長所があります。
何点か挙げてみましょう。
生花と比べて、見た目の瑞々しさや柔らかさには遜色がありません。
また軽いので、持ち運びにも負担を感じません。


<ストレス>

生花は大変美しく心も和むものですが、きれいな時期は短く、すぐに色あせたり枯れるといった劣化が始まります。
それをストレスと感じる人も多く、枯れることがないプリザーブドフラワーは大変重宝します。
保存環境が良ければ、長期間にわたって形も変化することがありません。
プリザーブドフラワーと造花を組み合わせているものも見かけます。
そのようにすることで、造花の無機質的な見た目といったデメリットを軽減させることができます。


<花粉症に>

プリザーブドフラワーには、花粉がありません。
花粉アレルギーの心配がないということから、利用されている場合もあります。
どんな健康状態の人にも、適していますので、お見舞いにも使われています。
お見舞いには鉢植えは避けるべきものですが、生花は枯れてしまいます。
病気だと、なにかとナーバスになるものです。
その点も、お見舞いで、お相手に精神的な負担をかけません。

こだわったプリザーブドフラワーを贈りたい

お花をそのまま贈るのもいいですが、やっぱり少し変わったものを渡したいとは思いませんか?
通常のお花もすごく素敵ですが、フラワーケーキもかわいらしくていいのではないでしょうか、女性なら嬉しいですよね。
プリザーブドフラワーのフラワーケーキなら、長い間飾ることが出来るので思い出も一緒に残しておくことが出来ます。
男性にも贈れる物が出てきているから、ギフトで贈ってみるのもいいと思いますので考えてみてはいかがでしょうか?


-どんなプリザーブドフラワーがある?-

フラワーケーキもありますし、中には小さなクマのマスコットと一緒に入っている物もあります。
また、ガラスケースの中に入れられているプリザーブドフラワーもありますし、温度で色が変わるものも出てきています。
同じピンクでも濃さが違うだけで印象が全く違いますから、選ぶ時はよく比較をしてから決めるようにして下さいね。
やっぱり人気なのは、ピンクやブルーみたいなのでもし気に入ったものを見つけたら、在庫確認を先にして下さい。


-花材を売っている-

実は今、自分で作っている人もいるみたいなんですが、どんなふうに作っているのでしょうか?
最初からプリザーブドフラワーを作っている人もいますけど、花材といって出来ている物を自分で組み合わせるだけという事も出来ますから、そちらに挑戦してみませんか?
自分だけのプリザーブドフラワーを作るのも、楽しくていいと思います!

プリザーブドフラワー人気ある店とは

プルザーブドフラワーを買おうと思ったとき、あなたなら、まず、どうしますか?
一般的に考えれば、大抵の方は大きな花屋さんを探しますよね。大きな花屋さん、すなわち、専門店や、百貨店、あと、大手の花屋チェーン店でしょう。


<人気ある店の条件>

この選択は間違っていません。
大手の店がプリザーブドフラワーの人気ある店、と同義語であることは否めません。例外もありますが。
と言うのも、今、流通しているプリザーブドフラワーは、本家本元のヨーロッパのメーカーからのものと、日本国内の製造メーカーのものと、その他、ですね。百貨店に入っている人気ある店などは、幅広く、いろいろなところからの製品を揃えられるので、それが人気だったりします。


<要はデザイン!>

専門店の場合は大手は当然ですが、小さな店でも人気ある店もあります。
これは、さきほど述べた、流通しているその他にあたる場合です。それは、プリザーブドフラワーに精通したデザイナーの方がデザインしている商品を扱っている店です。やはり、デザインや、構成が良ければ、評判につながります。
それはネット販売のものでも一緒です。
要は、良いものを作れば、人気ある店になれる、ということです。

ギフトでもらったプリザーブドフラワーを長持ちさせたい

プリザーブドフラワーをギフトで利用する人が増えているそうです。せっかくプレゼントされたのであれば、できる限り長い間、飾って、かわいいお花を眺めたいものだと思います。そこで、プリザーブドフラワーをなるべく長持ちさせるポイントをご紹介します。


プリザーブドフラワーは湿気に弱い

プリザーブドフラワーは特殊な加工を行っているのですが、樹液や色を一度、すべて抜いています。樹液が枯れる原因となることから、一度抜き取って、色は後から染めるのだそうです。そのため、湿気に弱く、水が直接つくことで、色移りや、花弁が透けてしまうなど、何らかのトラブルの原因となりやすくなっていると言われています。そのため、お風呂場など湿気が多い、水にぬれる危険の高い場所に置かない方がいいそうです。ケースなどに入っているものや、直接、水がつかないように自分でケースに入れて保存するなど、ぬれやすい場所では飾り方の工夫をしましょう。


直射日光は避けて

直射日光などあまり強い光にずっとさらしておくと色あせなどの原因になるそうです。お洋服なども、中には日陰に干すものがあるように、プリザーブドフラワーは薄くて柔らかい花弁を持っているので、強い光や、激しい温度変化には非常に弱いそうです。人が過ごしやすく、湿気の少ない場所に飾ることで、長持ちすることが多いと言われています。

冠婚葬祭にプリザーブドフラワーは使える?

プリザーブドフラワーは結婚式などで人気の高いギフトだと言われています。枯れないということから、縁起がいいと考える人もいると言われているそうです。しかし、葬儀など御悔やみ事用のお花はプリザーブドフラワーで出すことはできるのでしょうか?


プリザーブドフラワーを使う人も増えている

葬儀などでプリザーブドフラワーを渡す人も、少しずつですが増えていると言われています。また夏などはお水が直ぐに傷んでしまうので、いただいたお花の水換えが大変だったという人もいるそうです。このような意味では、プリザーブドフラワーをいただいて49日まで仏壇の前をさみしくせずに済んだ、助かったという声もあると言われているのだそうです。


生花には意味がある

葬儀などでご遺体の横に飾られる生花には、諸行無常という仏教の教えが込められているという意見もあるそうです。生のお花を使うことで、いつか生きている人は必ず死んでしまうという意味があるという人もいます。そのため、葬儀などでお花を出す場合には、生花のほうが無難であるということが言えます。ただし、非常に仲の良かった相手などであれば、プリザーブドフラワーなどをお渡ししてもいいのかもしれません。

子供と一緒にプリザーブドフラワーを

プリザーブドフラワーは、お花屋さんや通販サイトで注文することが出来ます。
でも、自分で作ることも出来ますので、ぜひ試しに作ってみませんか?
お店では取り扱っていないお花を自分で作って、家に飾ったり大切な人へギフトで贈ってみるのも素敵で良いですよね。
また、お子さんのいる人は一緒に作って楽しむことが出来ます。
子供は好奇心が強いですし、何かを作る楽しさを知ってほしいのでぜひ一緒に作ってみて。


プリザーブドフラワーを楽しもう

プリザーブドフラワーを作るとき、最初は失敗してしまったりすることもあります。
だからと言って、落ち込んだり諦めてしまう必要はないんです。
失敗してしまっても逆にそれをフォローして活かすことも出来ますし、活かすことが出来なくても次の作品につなげることが出来るので決して無駄なことなんかじゃないです。
お子さんが失敗をしてしまっても、自分が失敗してしまっても一番大事なのはそれを楽しむことですから楽しみましょう!


何かを参考にしてみよう

プリザーブドフラワーを自分で作るとき、どんなふうにしたらうまくできるのかな?など考えるのも楽しさの一つですよね。
でも、アイデアが浮かんでこない時もありますから、その時はネットでプリザーブドフラワーについて調べてみましょう。
自分で作っている人のブログや、こんなお花が作れますと紹介しているサイトもありますので、それを参考に自分の作品につなげてみて。
きっと、世界で一つの素敵なプリザーブドフラワーを作ることができるはず!

プリザーブドフラワーでサプライズを

大切な記念日や誕生日、色々なイベントが皆さんにはあると思います。
そんな時、皆さんはどのようなものを相手に贈っているのでしょうか?
オススメしたいのは、プリザーブドフラワーなんです!
最新の保存加工技術を用いて永年に保つことのできるお花なので、どなたでも安心して取り扱う事が出来るようになっています。
なので、友達や大切な人にサプライズで大きな花束を贈ってみませんか?


プリザーブドフラワーでイベントを

大切な人や友達にギフトで贈るのもいいですが、少し凝った演出をして渡すのもいいと思うんです。
宝探しのようにしてお花を一つずつ置いていき、最後にはプリザーブドフラワーの花束に辿り着く感じのサプライズも喜んでもらえるのではないでしょうか?
お花が置いてある場所にしたがって探していくと最後には、大きな花束が置いてある・・・素敵な演出だと思うのですが、どうでしょう?
サプライズが好きだという人は、ぜひ試してみて下さいね。


素敵な思い出を

プリザーブドフラワーは永年保てるお花ですから、いつまでも思い出を大事にすることが出来ます。
毎年贈られた日を思い出して、あの時はこんなことをしてくれた、というその時の楽しい記憶が蘇ってきますからいいですよね。
美しいまま保てるのでいつまでも楽しむことが出来ます。
年月をかけて花びらの色が変わってくるので、それもまた味があっていいのではないでしょうか。
プリザーブドフラワーと一緒に何年間も過ごせるなんて、なんだか嬉しく思いますね!

プリザーブドフラワーでガーデニングを

皆さんの中にはお花が好きな人もいるでしょう。
でも、育てるのは大変だし毎日お世話するのは時間もかかるし・・・と思って今までお花を購入しても枯らしてしまう人っていますよね?
また、自分では定期的にきちんとお世話をしたつもりなのに枯らしてしまった、という経験を持っている人も少なからずいるのではないかと思います。
そういう人には、プリザーブドフラワーがおすすめなんです!


プリザーブドフラワーだから安心

プリザーブドフラワーは、特殊な保存加工技術が施されているので永年保つことが出来ます。
ですから、どなたでも安心して保管して楽しむことが出来るんですよ。
ガーデニングをしてみたいとか、お花に囲まれて生活がしたいという人は、複数のプリザーブドフラワーを購入して飾ってみるのはどうでしょう?
お水を与える必要もないし、簡単に枯れたりしないので楽しめますよ。
ただ、直射日光に弱いので陰に置いてあげるようにしてあげて下さいね。


お水は避けるように

プリザーブドフラワーは、お水にも弱いので気を付けるようにして下さいね。
お水を与えてしまうと脱色してしまうらしいので、キッチンの周りとか水気のある場所は避けるように。
同時に、湿気のある場所も避けた方がいいですよ。
ケースに入れて保管をすると、その分美しさを保つことが出来るのでおすすめです。
ホコリが付くという事も防げますから、一石二鳥ですね。
手入れの仕方が簡単ですから、ギフトとしても最適ですよ!