プリザーブドフラワーをギフトで利用する人が増えているそうです。せっかくプレゼントされたのであれば、できる限り長い間、飾って、かわいいお花を眺めたいものだと思います。そこで、プリザーブドフラワーをなるべく長持ちさせるポイントをご紹介します。


プリザーブドフラワーは湿気に弱い

プリザーブドフラワーは特殊な加工を行っているのですが、樹液や色を一度、すべて抜いています。樹液が枯れる原因となることから、一度抜き取って、色は後から染めるのだそうです。そのため、湿気に弱く、水が直接つくことで、色移りや、花弁が透けてしまうなど、何らかのトラブルの原因となりやすくなっていると言われています。そのため、お風呂場など湿気が多い、水にぬれる危険の高い場所に置かない方がいいそうです。ケースなどに入っているものや、直接、水がつかないように自分でケースに入れて保存するなど、ぬれやすい場所では飾り方の工夫をしましょう。


直射日光は避けて

直射日光などあまり強い光にずっとさらしておくと色あせなどの原因になるそうです。お洋服なども、中には日陰に干すものがあるように、プリザーブドフラワーは薄くて柔らかい花弁を持っているので、強い光や、激しい温度変化には非常に弱いそうです。人が過ごしやすく、湿気の少ない場所に飾ることで、長持ちすることが多いと言われています。