一般的に浸透しているプリザーブドフラワーですが、その特徴のため生花にはない多くの長所があります。
何点か挙げてみましょう。
生花と比べて、見た目の瑞々しさや柔らかさには遜色がありません。
また軽いので、持ち運びにも負担を感じません。


<ストレス>

生花は大変美しく心も和むものですが、きれいな時期は短く、すぐに色あせたり枯れるといった劣化が始まります。
それをストレスと感じる人も多く、枯れることがないプリザーブドフラワーは大変重宝します。
保存環境が良ければ、長期間にわたって形も変化することがありません。
プリザーブドフラワーと造花を組み合わせているものも見かけます。
そのようにすることで、造花の無機質的な見た目といったデメリットを軽減させることができます。


<花粉症に>

プリザーブドフラワーには、花粉がありません。
花粉アレルギーの心配がないということから、利用されている場合もあります。
どんな健康状態の人にも、適していますので、お見舞いにも使われています。
お見舞いには鉢植えは避けるべきものですが、生花は枯れてしまいます。
病気だと、なにかとナーバスになるものです。
その点も、お見舞いで、お相手に精神的な負担をかけません。