パリで1991年に生まれたプリザーブドフラワーはまだまだ歴史は浅いです。
ドライフラワーと違い、瑞々しい姿を長く保つことのできるプリザーブドフラワーは、フランスを中心に世界へ広まっていき、生花とは違う魅力で新しいギフトやブーケの定番として広まりました。
プリザーブドは「保存」という意味。長くきれいな姿を見せてくれるプリザーブドフラワーをぜひギフトなどで用いてみませんか。


‐プリザーブドフラワーがギフトに最適なわけ‐

プリザーブドフラワーの魅力はなんといっても長くその瑞々しい姿を保ってくれるという点です。その特性を活かせば、たとえば誕生日、結婚記念日などでギフトに贈れば一生に一度の機会の思い出を長く保つことができますよね。
どこかお部屋に飾っておけば、花を見ればその日のことを思い出すことができますよね。


‐手作りも可能‐

少し手間はかかりますが、手作りでプリザーブドフラワーを作ることもできます。
専用の器具や液を準備する必要はあるものの、自分で作ったものを贈ることができれば気持ちがこもって、相手にも喜ばれるのではないでしょうか。
全国に作り方の教室もありますから、もし本格的にはじめたいと思っておられるなら探してみても良いかもしれません。