プリザーブドフラワーは結婚式などで人気の高いギフトだと言われています。枯れないということから、縁起がいいと考える人もいると言われているそうです。しかし、葬儀など御悔やみ事用のお花はプリザーブドフラワーで出すことはできるのでしょうか?


プリザーブドフラワーを使う人も増えている

葬儀などでプリザーブドフラワーを渡す人も、少しずつですが増えていると言われています。また夏などはお水が直ぐに傷んでしまうので、いただいたお花の水換えが大変だったという人もいるそうです。このような意味では、プリザーブドフラワーをいただいて49日まで仏壇の前をさみしくせずに済んだ、助かったという声もあると言われているのだそうです。


生花には意味がある

葬儀などでご遺体の横に飾られる生花には、諸行無常という仏教の教えが込められているという意見もあるそうです。生のお花を使うことで、いつか生きている人は必ず死んでしまうという意味があるという人もいます。そのため、葬儀などでお花を出す場合には、生花のほうが無難であるということが言えます。ただし、非常に仲の良かった相手などであれば、プリザーブドフラワーなどをお渡ししてもいいのかもしれません。